loader
bg-category
アップルの日はフリーラジカルを遠ざける

友達と共有します

著者の記事: Theresa Manning

私が48の真ん中にうっとりとした内陸国で育ったとき、リンゴ、バナナ、緑色のブドウだけが私の食事レキシコンの果実でした。私は20代前までマンゴーを知りませんでしたが、私のアキレス腱は常にリンゴでした。アップルパイ、アップル・ブラウン・ベティ、ある特定のサンゴとリンゴなど。だから、何かを試してみるのは自然なことでした。 美容ジュース緑色のリンゴ製品の一掃ライン。 私は グリーンアップル抗酸化モイスチャライザーほとんどの場合、私はそれがどのように匂いがしているのか見たいと思っていたので、私の肌には抗酸化物質が大量に必要でした。 グリーンアップルの抗酸化モイスチャライザーの最初の3つの成分は、有機ジュース(レモン、ブドウ、もちろんリンゴ)です。私はフードベースのスキンケアが好きですが、あなたの顔と髪の毛に直接オートミールとマヨネーズを入れるのが好きな人でなければ、このモイスチャライザーのような抗酸化物質の複合体は、より安心して清潔になります。 ジュースビューティコレクションのように、Green Apple Antioxidant Moisturizerには、合成香料、パラベン、石油、ブチレングリコール、その他の凍結防止成分は含まれていません。包装さえ100%リサイクル繊維です。おいしいと栄養価! 何よりも、使用の数日後、私の肌が見えて、リフレッシュされたように感じました。プロシュートのようなものではありませんでした。私は桃のためにアプリコットを間違って数年前に笑ったかもしれないが、私はフルーツのレパートリーを拡大する必要はありません - 緑のリンゴは私のための果実です!

友達と共有します

あなたのコメント